まるでジブリの世界!箱根ポーラ美術館の「森の遊歩道」が素敵で癒される

久しぶりに箱根のポーラ美術館に行ったらとっても素敵になっていたので、ご紹介も兼ねてレポートします。
自然あふれる癒しの美術館。 都会の喧騒に疲れたらぜひ行っていただきたいおすすめスポットです。

スポンサーリンク

ポーラ美術館とは

印象派の絵画の所蔵が日本最大級のポーラ美術館。 箱根町仙石原に2002年に開館しました。

モネやルノワール、ピカソ、ゴッホなど巨匠の名作を数多く所蔵しており、中でもモネの作品は「睡蓮の池」をはじめ20点近く鑑賞できます。
モネ好きにはたまらない美術館です。

所蔵作品と現代作家とをコラボレーションした企画展なども行われており、いつ行っても新鮮で感性を刺激してくれる美術館です。

箱根の森の中に静かに佇むその建物は自然との調和が素晴らしく、日本建築学会賞をはじめ様々な受賞歴を有しているそうです。
併設の森の遊歩道は、2013年にオープンしました。
この記事では、森の遊歩道にスポットをあてレポートしていきます。

森の遊歩道は、まるでジブリの世界

森の中は、季節の花々や植物が見られ、野鳥や小動物などが生息しています。
そして、森の自然と調和しながら芸術作品が点在しています。

私が行ったのは10月の初めで、曇り空で小雨が降ったりやんだりする天気でした。
15時頃でしたがやや暗く若干霧が立ち込めて、とても神秘的な雰囲気でした。
もののけ姫に出てくる「こだま」が出てきそう。

上の写真のように、森の中に板が敷かれ道ができているので小雨程度なら靴も汚れず歩きやすいです。

公式サイトに遊歩道の全長670m、散策所要時間は20分とありますが、野鳥や植物を観察したり、自然の中の芸術作品を鑑賞しながらゆっくり歩いたら、いつの間にか1時間近く経っていました。

自然に調和したBGMでますます盛り上がる

あちこちにスピーカーが設置されていて森全体を覆うように静かにヒーリング音楽が流れています。
鳥のさえずりと共鳴するような音楽が神秘的な雰囲気を盛り上げてくれます。

まとめ

印象派を中心とした西洋美術の名作を所蔵していることでも有名な美術館ですが、自然を生かしたその佇まいは、美術鑑賞に興味がなくても、自然を満喫できる素敵な場所なのでおすすめです。
素晴らしい絵画を鑑賞して綺麗な空気を吸って、体にも心も癒してくれる何度でも行きたい美術館です。

ポーラ美術館
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山 1285

ポーラ美術館公式ホームページURL
https://www.polamuseum.or.jp/

【番外】パソコン時短技

知ってるか知らないかだけで作業スピードが全く違うので読んで損のない本。

スポンサーリンク

【番外】エクセルを極める!

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク