【下北沢ランチ:そば】高級料亭のような大人な雰囲気。打心蕎庵(だしんそあん)のすだち蕎麦に舌鼓。

下北沢駅から徒歩12、3分ほど。
駅前の雑踏を抜け周りに店などもなくなり、本当にこの先にお蕎麦屋さんなんてあるの?と不安になってきたころその店は現れます。

打心蕎庵(だしんそあん)は、世田谷の住宅街、静かなエリアに佇む蕎麦の名店です。
日本料亭のような和風な佇まいがとても雰囲気が良く、外国人の利用客も多いそう。
そんな打心蕎庵の夏季限定メニューのすだち蕎麦を味わいに行ってきました。

駅前の喧騒が嘘のような緑豊かな静かなエリア

下北沢は古着屋さんや小劇場、音楽スタジオなどが多く、若者が集う活気に満ちた街。
そんな下北沢ですが、駅前を抜け、少し行くと閑静な住宅街へと変わります。

下の写真は小川の流れる緑豊かな代沢川緑道。春は桜が満開に咲き誇ります。
駅から10分くらいですが打心蕎庵 とは少し方角が違うので、 食後のお散歩に少し足を延ばすのにいいところです。

打心蕎庵の向かいは森厳寺というお寺です。
ここを目指して行っても辿り着けます。

すぐ側に北澤八幡神社もあります。

打心蕎庵に到着

一見、料亭のような佇まい。
暖簾をくぐるのに少し緊張してしまいます。

暖簾をくぐるとちょっとした日本庭園が。
(下の写真、入り口しか撮れてなくてすみません。。。)

昼の1時30分頃に行きましたが、3人くらいのグループや一人客など様々で、席は半分くらいうまっていました。
音楽が流れていないので話声がとても響いてしまうためか、皆さん少しだけ小声で話しているように感じました。 ですのでとても静かな店内で落ち着きます。

私が通されたのは、庭園が望める窓際の席。

メニューは単品の他、コースもありました。
私のお目当ては夏季限定メニューのすだち蕎麦。
1600+税でした。(2018年8月現在)

ジャジャーン!

薄く輪切りにされたすだちが蕎麦を覆い隠すように美しく盛り付けられています。

蕎麦は細目でスルッと喉ごしがいいです。
そして、冷えた汁とすだちの酸味に程よくからみ、さっぱりとして熱い夏の体も心も癒してくれる美味しさです。
駅から少し歩くけど、この雰囲気、このお味、来て良かったと心底思えます。

しばらくすると蕎麦湯を出してくれます。
冷たいお蕎麦、冷房の効いた店内に少し寒くなってきたかな、と思っていた矢先に温かい蕎麦湯がまたうれしかったです。

高級感のある大人な雰囲気のお蕎麦屋さんです。
今度は夜、コースをいただきに行ってみたいです。